Attraction

シティーヒルの魅力

シティーヒルでは、商品はもちろん企業としてのブランディングに力を入れ、より魅力ある企業であるための取り組みを行っています。

そのなかでも、【シティーヒルで働くスタッフ一人ひとり】を大切に、そして、感動SHOP を実現する為に、社員全員で魅力ある企業へと成長し、さらによいブランド、企業として歩んでいます。

  • 将来のキャリアビジョン

    職種やブランドを超えた挑戦をサポートするため、年2回実施しているのがキャリアプラン制度。異動、昇格希望などの社員それぞれの意思確認し、組織改編の検討時に反映しています。他ブランドへの異動、ショップ勤務からオフィス勤務(バイヤー、企画、経理・・・など)の実例があります。また、社内公募制度もあり、特定の部署や職種で増員する場合に実施し、こちらもコンセプターアシスタントやバイヤーアシスタントなどの実績があります。

LE分科会風景

社内公募制度を利用した先輩の声

  • 社内公募制度を利用した理由は?

    私はパソコン技術を使い、ファッションを通して自ら企画制作に携わることが入社前からの夢でした。大学時代は情報メディア学科でIT技術について学び、ゼミ活動では3Dソフトを使用して制作したバーチャル映像とリアルを融合させた新しいファッションショーを行いました。映像制作は想像以上に難しかったですが、チームで1から企画したショーが成功したときの達成感は計り知れません。そして販売を通して、フェアやノベルティなどの販促はお客様の購買意欲に直結し、売り上げが大きく左右することを実感し、販売促進に対して大きな重要性と可能性を感じ、学生時代に身につけた技術と接客を通して学んだ消費者ニーズを活かし、販売促進事業部で働きたいと思い応募しました。

鈴木 沙生梨

第2事業部 販促担当
鈴木 沙生梨 2014年入社

  • 現在の仕事内容とやりがいを教えてください。

    【仕事内容】
    販売と連携をとり、お客様のニーズに合ったフェアやイベントを企画。買上客数を上げ売り上げに繋げる。ノベルティやポスター、POP、DMなどの販促物のデザイン。
    【やりがい】
    自分も企画に参加したフェアがお客様に喜んで頂け、売り上げにも貢献できた時はうれしかったです。また、最近ではルクールブランのレギュラーショッパーのリニューアルを行いました。
    取引先との商談や、コンペ、デザイン決めなど店舗にいた時とは全く違った仕事内容で思うように出来ず苦労したのですが、先輩方にアドバイスしていただいた結果、なんとかやり遂げることが出来ました。完成したショッパーを見たときの達成感はとても大きく、頑張ってよかったと思いました。

  • 今後の目標は?

    お客様の喜んでいただける精度の高いフェア企画を行うこと。また、販売・商品と連動し、商品がより良く見えるプロモーションを強化する。
    ブランドイメージの向上、一人でも多くの方にブランドを知ってもらい、ファンを増やすことが目標です。

キャリアプラン制度を活用した先輩の声

  • キャリアプラン制度を活用した理由は?

    学生時代からオシャレが好きで、プレスになりたいという夢があり、アパレル業界に就職しようと決めました。
    もちろん、販売員からプレスの仕事が出来るのか正直不安でしたが、シティーヒルはやる気、実力次第で様々な職種に挑戦出来ると知り、入社を決めました。
    入社後は、ラフォーレ原宿店に配属、2年間店長を務めました。販売員をこのまま続けていきたいという気持ちもありましたが、ブランドを作る側の人間になりたいという新たな目標が出来、年に2回人事に提出するキャリアプランシートにその思いを書きました。そして、入社して5年目に現在のポジションへ声を掛けて頂きました。

滑川 真弥

第1グループ マジェスティックレゴン事業部
アシスタントコンセプター
滑川 真弥 2012年入社

  • 現在の仕事内容とやりがいを教えてください。

    シーズンのブランドコンセプトを考案し、デザイナー・バイヤーチームに発信。私はアシスタントコンセプターなので、ディレクターのアシスタント業務を主に行っています。
    ディレクターが考案したシーズンコンセプトとお客様のニーズ・トレンド情報を踏まえた上で、どんなスタイリング・アイテムがお客様に受けるのか月毎にまとめています。
    その他、雑誌やコレクション等のスタイリングやアイテムの写真を集め、自分のイメージをディレクターに共有する事。ディレクターに採用された案は、デザイナー・バイヤーチームに共有され、商品化に繋がる為大きなプレッシャーを感じますが、それ以上にやりがいを感じています。
    また、イベントの際、店舗に入店した際、久々にお会いする顧客の皆様に「滑川さんの作った商品はどれですか?」と言って頂けた時は、この仕事を諦めずに目指して本当に良かったと心から思いました。
    今年は、デザインに関わった商品が順次店頭に並ぶので、今からお客様の反応が楽しみです。

  • 今後の目標は?

    大きな夢ではありますが、いつかブランドを立ち上げたいです。ブランド名から商品まで、一から自分で考えたものを多くの人に知ってもらい、着てもらい、必要とされること。
    まだ駆け出したばかりですが、新たな夢を実現させる為に全力を尽くします。

感動SHOP RULES

感動SHOP RULES とは

私たちは、“真心プロフェッショナル”として、お客様の立場で感じ、気づき、スピーディに行動し世界でいちばん、最高の“笑顔”と“ありがとう”の集まる感動ショップをつくろう!

  • 明るい笑顔に真心を込めます!
  • 気持ちの良い挨拶でお迎えします!
  • 大きな声で素直な気持ちをお伝えします!
  • 元気な返事で信頼を築きます!
  • 機敏な動作で時間を大切にします!
  • きれいなおたたみに愛情を込めます!
  • 心の込もったお掃除でおもてなしします!

感動ショップをつくる為の取り組みインタビュー

Q.感動ショップをつくる為に、どのような取り組みを行っていますか?

  • 人を思いやる気持ちと、
    お客様視点で行動すること。

    お客様視点で物事を考えられるスタッフ育成が大切だと考えています。その為に取り組んでいる事は、どんな時も相手の立場に立ち一人ひとりを大切にする事です。プライベートで辛い事があったり体調が悪かったり、心からの笑顔で店頭に立つ事が難しい時もあります。もちろん仕事なので切り替えは必要ですが、最初から簡単に出来る事ではありません。
    だからこそ、可能な限り話を聞き、どうすれば良いかを一緒に考える様にしています。
    人を思いやる気持ちを感じてもらえたら、お客様視点での行動も自然と身に付くのではないかと考え日々取り組んでいます。

出口 茜

マジェスティックレゴン ヘップファイブ店
店長 出口 茜




  • 私たちが笑顔でいること、
    笑顔が増えていくことが大切。

    感動ショップルールズを店舗のバックヤードに掲示し、日々、感動ショップルールズから強化項目を決めて全員で体現しています。毎日全員で目標を共有すること。立ち振る舞いの意識向上だけではなく、スタッフ自身が楽しんで接客すること。
    私たちスタッフが笑顔でいる事、笑顔が増えていく事が大切だと考えているからです。スタッフ一人ひとりの個性を大切に自ら考え行動する様になっていると感じています。
    スタッフの笑顔が増えることで、お客様がより安心して楽しくお買い物して頂ける環境となり、お客様から「ありがとう。」とお褒めのお言葉を頂けることは、とても嬉しいです。

山本 紫帆里

ルクールブラン 京阪百貨店モール京橋店
店長 山本 紫帆里